長期優良住宅

ポイント① 補助金活用の家造り

◆すまいの給付金  消費税 8%時 ・・・30万円
   消費税10%時 ・・・50万円
◆次世代住宅ポイント(消費税10%時) ・・・30万円最大35万円
◆地域型住宅ブランド事業(長期優良住宅) ・・・110万円(本年度)
◆ふるさと越後の家づくり事業 ・・・30万円程度
◆定住促進事業・・・  見附市 50万円
   燕市 80万円程度
   小千谷市 60万円程度
◆克雪住まいづくり支援事業・・・ 長岡市  44万円程度

ポイント② 有利な税制活用した家造り

◆住宅ローン控除減税(消費税8%時)・・・ 一般住宅   最大40万円を10年間
  長期・低炭素 最大50万円を10年間
  (控除額:借入残高の1%を所得税より控除、控除しきれない場合は住民税より最大136,500円迄控除)
◆住宅ローン控除減税(消費税10%時)・・・ 控除期間を3年間の延長
  (建物価格2%分or借入残高の1%の低い金額を年末調整で還付)

◆投資型減税(自己資金で購入した長期・低炭素住宅取得者)・・・最大65万円

◆親からの贈与税非課税枠  消費税 8%時 ・・・一般700万円  省エネ等住宅1200万円
   消費税10%時 ・・・一般2500万円 省エネ等住宅3000万円

ポイント③ 自分に合った融資(ローン)商品で家造り

◆銀行によって、金利や、万一の補償内容は異なります。
◆年齢・年収・借入残などで、返済期間・借入金額が変わります。
 健康状態や信用情報で借入が出来ない場合があります。
 (契約前に融資事前審査を無料で行っております。)
◆フラット35など、返済期間・変動/固定金利、借入諸経費など資金計画が重要です。

源泉徴収票をお持ちいただければ、補助金合計金額や借入限度額・ローン控除の減税金額をお答えいたします。

セミナーの内容 所要時間60分程度
①家族構成 ②建築予定地の確認 ③それに基づいた補助金の説明 ④税制と融資(ローン)説明 ⑤リアルホーム商品説明 ⑥マザープランで補助金仕様金額差額 ⑦あなたに合ったローン控除と融資説明 ⑧無料設計依頼の場合は(ヒヤリング後)1週間程度でプラン・見積もり・資金計画を郵送致します。

(2018.4月確定・2018.12月政府案より 2019.1月現在 最新情報は必ず営業にご確認下さい)

参考例